Scroll down

お宮参り 100日目 お食初め お誕生日 七五三 撮影

1歳までの赤ちゃんの成長をより素敵に残せるように海外から厳選した衣装、小物他、お花やハンドメイド作品をご用意しております。

お子様の成長はとても早く、個々によっても異なります。

1歳までは特に成長が早く、表情や仕草、ハイハイからタッチまで出来ることがたくさん増えてくる貴重な時期です。

全てを後で見返せるように成長過程を残されたい方も増えてます。

2017年3月以降ご予約のお客様において、リピーターの方以外は写真集プランのみのご利用をお願い致します。

Cafe de Fleur
2

Cafe de Fleur(カフェドフルール)はPadama Studioの2ヶ月以上の赤ちゃんたちを対象にした分野になります。ロケーション撮影 出張撮影 ( お宮参り や 七五三 )も承ります。お食い初め 百日目 お宮参りハーフバースデイ 1歳以上のお誕生日、ロケーション撮影、ご自宅での撮影などがあります。それぞれのステージに合わせてご相談、ご依頼をお願い致します。

私たちの想い
4

私たちは個性を大切に考えます。他と同じような雰囲気にならないように、衣装や小物も選んでいます。輸入品、手作り品など、他のスタジオ様と被らないように個性を大切に小物インテリアなど選んでいます。撮影においても赤ちゃんに合わせて撮影できる環境をご用意しておりますのでご安心下さい。完全予約制なのでゆっくりとした時間の中でお過ごしいただけるよう配慮しております。

Dreamy Photo for Anniversary

Let’s find out something special!

 “夢の中にいるような写真”
こんな写真飾ってみたいと思う撮影がスタジオ内でできるようになりました。

Read More
MENU
3e8045ba49a7a19b7e5456998ef4fc28

3か月前後の赤ちゃん

100日目/お食い初め撮影
Read More
Location

ロケーション

お外で/お宮参り/記念撮影
Read More
6-months

6か月前後の赤ちゃん

ハーフバースディー撮影
Read More
753png

七五三

神社/お外で撮影
Read More
12-months

1歳以上の赤ちゃん

初めての1歳/お誕生日/記念撮影
Read More
collaboration

つながりプロジェクト

コラボレーション
Read More
Q&A 質問と回答
写真加工ってどんな感じになるんですか?
通常の撮りたてのお写真と加工したお写真はお色や雰囲気が異なります。妊娠線や傷、気になる箇所をお肌修正させていただくのはもちろん、写真をより素敵にする為に、日々研究しております。一部デザインデータ(虹、シャボン玉等)に関しては、写真集やプリントのみに入れさせていただくようになります。詳しくは、当日ご案内させていただいております。
スタジオでは、何歳まで撮影可能ですか?
2014年6月よりスタジオ内はすべてのお子様が対象となります。家族写真ご希望の場合はお子様入れて3人までとなりますのでご了承下さい。4名様以上の場合は+¥2500/1人とさせていただいております。
衣装はどうしたらいいですか?
1歳までの撮影において、小物や衣装など全てご用意しております。サイズ等ご不安な方はいくつか持参していただき、当日コーディネートさせていただきますのでご相談下さい。ご家族の撮影につきましては、皆さんのお洋服の色やテイストをシンプルに合わせていただくと素敵です。
撮影時間は、どのくらいかかりますか?
スタジオで3カットプランの場合、カウンセリング、撮影、撮影後のデータ選びを含めて2時間以内。(1歳以上対象の全データプランも含)
スタジオで写真集プランの場合、カウンセリング、撮影、撮影後のデータ選びを含めて3〜4時間程度。
赤ちゃんの機嫌やデータ選びにお時間がかかる場合も考えられますので余裕をもってお越しください。
出張撮影ロケーション、自宅の場合 最初の説明、撮影を含めて2時間程度。小さいお子様の場合は機嫌がありますので3時間くらい考えておいてください。データ選び、写真集レイアウトはすべておまかせになります。
納品のデータはどのようになりますか?
納品は、全て一般的に利用しやすいJpeg形式にてCD,DVDにやき、納品しております。撮影には、すべてRaw形式で撮影して撮影後にカラーマネージメントしてJpegにてお渡ししてます。
なぜ、Raw形式で撮影するのですか?
RAWとは「生」の意味。 CCDやCMOSなどの撮像センサーから出力されたデータをカメラ内部ではあまり加工せず、生に近い状態で保存したファイルを「RAWデータ」と呼ます。その為現像が必要になります。現像の際にレタッチして思い通りの画像に仕上げることができます。ノイズも少なくなります。
JPEGで記録する場合は、デジタルカメラ内部で撮像素子からのデータを画像エンジンが変換し、JPEGとして記録するという経緯を経ます。そのため、Jpegの画像をレタッチすればするほど、ノイズや、画像が劣化していきます。また思い通りのレタッチをすることができません。当スタジオでは、品質を大切に考えているので、全てrawで撮影して現像しております。
モニターでの画像の見え方や色の違いがあるんですが・・・
デジタルカメラになり、各モニターでの画像の見え方や出力したプリントとモニター画面との違いを感じたことはありませんか?実は、一般的には、そこの調整をされる方、理解されている方は、ほとんどいません。当スタジオでは、モニターのキャリブレーションをしてカラーバランス、色温度、露出を調整しております。また、専用のプリンターもキャリブレーションしているので、モニター画面と同じものが出力されるように調整してます。また、撮影前には、カラーメーターと露出計で機材とストロボの調整をしております。演色Ra90以上のストロボを使用しております。

お知らせ

FaceBook

皆で『いいね』を押して応援してね。